業務代行導入CASE STUDY〜とある士業さん〜

業務の外注は業務の棚卸しから始まる

世の中忙しい方はたくさんいます。星の数ほどいます。そんな忙しさにもいろいろと種類がありますよね。忙しさから脱却するにはまず「自分がなんで忙しいのか?」そんな棚卸しから始まります。

弊社の業務代行サービスやスケジュール調整サービスをご利用いただき、賢く日々のお仕事を効率化されている方もいらっしゃいますが、中には

「外注すればそりゃ楽だ。でも、何を頼めばいいのかわからない」

なんて事も多々あるかと思います。業務の棚卸し、それこそ3分やそこらでできる訳でもありません。

今回は主に業務代行などの外注を悩まれている方向けに、弊社の業務代行サービス・えんのしたの活用事例を交えて導入までのアレコレを執筆してみたいと思います。

 

CASE STUDY (とある士業様、Aさんの場合)

Aさんの業務外注の導入はスムーズでした。これはAさんが

・何に時間を取られているか

・自分にしか出来ないことはなんなのか

・仕事の上でムダが生じているポイントはあるか

これらを明確に把握されており、依頼したい事項がほとんど固まった状態だったからです。実際にご依頼いただいている内容は

・毎月の請求書の発送業務

・顧客やご新規様とのアポイント調整

・紙ベースの申込書を顧客データベースへ転記

たったこれだけかもしれませんが、これによりご自分時間が大きく空き、より本業に専念することができております。つまり結果的に人と会う時間が以前よりも確保できるので、サービス向上や新規顧客獲得の機会が増加している形となりました。

業務代行、はじめの一歩。導入前から無料でお手伝いします!

忙しい、、、忙しい、、、こうなってくると自分が何に忙殺されているのかすらわからなくなってきます。そんな時に弊社がまずお手伝いさせていただいているのが

「まずは御社のお手伝い!何か出来ることはありませんか?」

弊社の営業マンが貴社へ訪問し、数時間から1日お手伝いをします。例えば

「アルバイトを雇ったらこんな事やってもらいたいなぁ。。。」

程度の感覚で大丈夫です。営業マンが出勤したらアレヤコレや、お仕事をさせてください。データの入力でも結構です。お使いでも結構です。支払い業務でも結構です。資料作成も大丈夫。とにかく自分以外に出来ることを任せてみてください。

そんな中で、貴社に最適な代行手法を必ずご提示させていただきます。

下記からもお問い合わせできます。ご不明点やご相談等お気軽にどうぞ!

えんのした株式会社

東京都調布市布田4-13-1

info@en-noshita.co.jp