こんにちわ。やってまいりましたkintone構築突破ファイル。
今回はトヨクモさんご提供のkintoneと連動するフォームシステム「フォームブリッジ」でぶち当たった壁を回避する方法を検討しました。

それでは今回の目的をざっと。


・フォーム回答の集計時に担当者ごとで統計を取りたい
・お客さんが名前を入力したら自動的に担当者が反映されるフォームにしたい
・担当者情報は別アプリで顧客ごとにユーザー選択で切り分けている


というご相談。パッと見た感じ、「KViewerルックアップを併用してひっぱてくればいいじゃない?」となりそうなところですが、ところがどっこい。
フォームブリッジはユーザー選択フィールド非対応。え?非対応?なにーーーー!というわけです。

こうなってくるとフォームブリッジ側では手も足もでず。じゃあ回答アプリ側に別アプリとのキーになりそうなルックアップフィールドを設置して、担当者引っ張ろう!
となるわけですが、フォームブリッジ→アプリへのデータの受け渡し先にルックアップフィールドは非対応。

な、なにーーーーー!?

となるわけです。

さあ、ユーザー選択とルックアップが封じられた今。絶望的な状況です。
このブログはどんなkintoneユーザーさんでも実現できるように、Javaで解決とかは基本なしです。

珈琲飲んで原点回帰。お客さんはなんて言ってたっけ?担当者ごとに統計をとりたい。これがゴール。てことは

ユーザー選択形式である必要は無いのではないか?

という屁理屈が成立します。

と、言うわけで!しゃーないので担当者はユーザー選択ではなく、文字列でゴリ押し突破!という形で応戦していきます!

戦闘結果は次回ブログにて。